デハ1801保存会
元小田急電鉄デハ1801号(元秩父鉄道デハ801号)の修復・保存活動をしています
 当ホームページからの画像の転載は固くお断り申し上げます



デハ1801保存会では、秩父鉄道で廃車となった元小田急デハ1801号と、箱根ロープウェイ初代105号搬器の修復保存を行なっています。

現在、車両は牧場敷地内にあり非公開ですので見学は出来ません。
牧場構内は常に有人ですが牧場業務の妨げになりますので急な来場、お問い合わせなどはお断り申し上げます。
また鳥獣への感染原因になる危険性もありますので立ち入りはご遠慮ください。

ある程度整備が整いましたら、公開日を設けて多くのみなさまに見ていただきたいと思います。
現時点では混乱防止のため、場所は伏せさせていただきますが、敷地外からはご覧になることは可能です。
ご自分でこの場所を見つけて、敷地外からの撮影するには場合には、特に許可を取る必要はありません。
また個人ブログ、HPなどへの掲載も自由ですが、場所などは伏せていただきますようにお願い申し上げます。
掲載ブログなどが見ることが出来れば、掲示板やメールにてお知らせいただけると嬉しいです。
※ 基本的に新規会員の募集は行っていませんが、修復作業に参加したい方は、「管理人へメール」からご相談ください。

当会は小田急電鉄(株)様、秩父鉄道(株)様および箱根ロープウェイ(株)様とは一切かかわりはありません。
鉄道会社へのお問い合わせ等はなさいませんようお願いします。

今シーズンは、4月2日から作業に入っています。
保存会結成5周年の7月末までに、前面と山側(現谷側)のアイボリー&ブルー帯の仮塗装と
運転室機器の仮付けを完成したいと思います。
シーズン後半は、ロープウェイゴンドラや、トロッコの修復に掛かりたいと考えています。


 はじめに デハ1801について 経緯と今後 修復状況 1800形アルバム

  掲示板へ 管理人へメール 

掲示板の書き込みは、1800形にこだわらず、小田急や秩父鉄道関連の投稿でもOKです!

 
1800形さようなら運転ヘッドマークのレプリカを作りました!
保存会バージョン画像は、牧場名を加工してあります

現在ホームページ作成途中ですご了承ください
最終更新日 2017/05/07


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【before 2012年07月】

【after 2014年12月】

2012年7月から修復作業に入り、まだまだ途中です。当初、屋根はサビだらけで穴が空き、雨水が車内に入り苔が生えている状況でした。
運転室のほとんどの機器やパンタグラフ、連結器は無く、客室の座席や網棚も一部がありませんでした。
前のオーナーさんが塗ったブルーに白帯の車体も20年以上が経過し腐食、退色が進んでいました。

現在まで、屋根・雨樋を修理、塗装し、パンタグラフや連結器が付き、運転室の機器もほとんど揃いました。
前面は仮塗りですが小田急時代の塗装に戻り、前照灯や通過表示灯も点灯でき、方向幕も自動で動作するようになりました。
車内前部の消失した座席や網棚は後部から移設し、後部はエアコン・冷蔵庫・電子レンジ・ガス・テレビなどを備え、一部にNSE車の座席を配置してメンバーが宿泊できる設備になっています。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


2016/05/31 HDRモード撮影
  
運転席 2014/11(部品仮付時)                 車掌側現状                             運転室仕切り部
  
前室現状(部品・資材置き場)      中室現状(工具・部品置き場)

 

後室現状(休憩室・資料室)
  
 床下現状(制御装置箱・断流器等は自作/主抵抗器、空気ダメなどは千葉都市モノレールから譲渡流用

【最近の活動紹介】
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年12月7日(水)、12月8日(木)屋根修理
メンバーの休暇が合わず2ヶ月も作業が開いてしまいました。年内に谷側仮塗装を終了させたかったのですが来シーズンに持ち越しです。
既に現地は寒くて、外での長時間の作業ができない気候です。パテも固まらないので車体の塗装作業はあきらめて、緊急を要する雨漏りを止める作業をしました。
雨どい部分のゴミなどを洗い流し、屋根用シール材で補修します。ついでに汚れた車体の水洗いも行いました。
「さよなら1800形」ヘッドマークのレプリカが完成しました。合わせて保存会バージョンも作りました。(画像は牧場名を加工してあります)
   
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年9月15日(木)、9月16日(金) 引き続き谷側(山側)の車体修理
この日は谷側中ほどと車端部に分かれてさぎょうしました。下地作業中にきれいな小田急マルーンが出現!
マルーン→小田急旧塗装→小田急新塗装→秩父旧塗装→秩父新塗装→引退後空色と塗り重ねられた塗膜をはぎ取りたくはないのですが
塗装が剥げたり浮いた部分にスクレーパーを入れると、ボロボロ剥がれていってしまいます。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年8月31日(水)、9月1日(木) 谷側(山側)の車体修理
8/22.23で予定していた作業は台風接近のため中止となり、一か月振りの作業。暑い二日間でしたが、真夏とは違う秋の気配が・・・。(作業終了時は日没になり画像がありません)
  
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年7月31日(日)、8月1日(月) 谷側(山側)の車体修理
非常に暑い二日間でしたが、二日ともに夕方から土砂降りの雨に見舞われました。

   
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年7月22日(金)、23日(土) 運転室背面仕切り修復、谷側(山側)の腰板部修復
二日間現地は雲の中、霧の中状態で車外の作業はほとんど出来ませんでしたが、運転室背面仕切りの修復と、運転室機器の配線準備などを進めました。
   
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年7月6日(水)、7日(木)  運転席背面仕切り修復、谷側(現役時代山側)の車体修理、銘板取り外し
運転室背面の、いったん取り払った仕切り板を元に戻す準備です。腐った柱を変えたり、欠落した部分を接ぎ木したり、けっこう細かい木工作業が続きます。
妻面の銘板は、取り付け部分の腐食により、プレートが割れる恐れがあるため、一度取り外す事に。

   
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年6月18日(土)  屋根の雨漏り補修をしました。
前回の作業中に雨漏りが発見されたため点検したところ、多くの場所で屋根の腐食が進み、鉄板に穴が開きそうな場所が見つかりました。
今回は錆が浮き出ている部分を応急的に直しました。いずれは抜本的な修理が必要と思われます。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年5月30日(月) 31日(火) 運転室の修復を行いました。
運転室背面の仕切り部分の修復に入りました。まずは完全に腐食して使えなくなった柱を自作の柱に取り換えました。
腰部から下の板は腐食が進み使えないため、新しい板を取り付けます。この部分にあった配線の接続箱は取り外しました。
失われていた運転席の椅子は、竜王で個人が保存していた元小田急2327号(解体済)から譲り受けた椅子を取り付ける予定です。
   
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年4月26日(火) 27日(水) 運転室の修復を行いました。

前回途中で終わった運転室の床の張替作業を行いましたが、梁を補強・追加する溶接作業と、補強が終わった梁の上に床板になる縞鋼板を張る作業を行いました。
あまり進んだ感じではありませんが、現状を調査して必要な材料や工具を揃え、取り付ける場所に合わせて加工して、取り付けて、錆止め塗装をしてさらに床板の加工
取り付けなどを素人2人でやると、そのくらいかかってしまいます。作業合間で一人は車掌側の壁や側開き戸の修復を進めました。
   
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年4月3日(日) 4日(月) 運転室と谷側戸袋部分などの修復を行いました
今年のオフシーズンは、シートを掛けて越冬していましたが、経費や安全面から試しにシートを掛けないで越冬しました。
思ったよりダメージはありませんが、いつものことながら部分的にサビが浮いています。屋根は毎年塗る予定でいますが、少し先になりそうです。
続きで、運転室背面の仕切り板の再生ですが、床部分の鋼板も激しくさびていて穴が開いたりしているため剥がして張りなおす事にしました。
外側は谷側の最前部ドア付近の再生に入りました。まずは戸袋部分に穴をあけて、ドアレールの修復準備です。
運転室背面の仕切りは、柱が完全腐食していて取替えたので大掛かりになってしまいました。合わせて、運転席の床も張り替える事になりました。
車掌側のスイッチ類の取り付け板は、一部再生して、ケーブル類は引き直しました。

     -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年3月23日(水)、24(木)運転室の修復を行いました
今シーズン初めの作業は、運転室の整備です。まず腐食して穴が開いた壁や、指で押すと凹んでしまうような柱を更新する作業にはいりました。
今回は、今までついていたモノを採寸し、取り外す作業と、新たに取り付ける壁板や柱の形成です。
なんと23日は夜から雪が降りだして、翌朝はご覧のような一面の雪景色になりました。
現在は運転席背面の仕切り板が無い状態になっています。
はじめはこんなに大掛かりになるとは考えていませんが、細かく調査すると、腐り具合がひどく仕方なく取り外して更新することになりました。

    
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
9月15日(火) 16日(水) 犬釘の整備、前回の続きの側開き戸、車体修理、スイッチ類整備を行ないました。
大山観光電鉄さんからいただいた大量の犬釘。雨で濡れてしまったので、塗油して整理しました。
引き続き側開き戸修理、車体の修理、スイッチ類整備を行いました。
    
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
9月5日(土) 6日(日) 床下機器の取付、側開き戸修理、スイッチ類整備などを行いました。
自作の床下機器を車両に取り付けました。中身は空でもかなりの重さです。
引き続き側開き戸(乗務員室ドア)の整備をしました。運転室のスイッチ類の整備をしました。
テクニカルサポーターさんに作っていただいた制御装置と断流器の箱、とっても良い出来です!

    
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
7月17日(金) 18日(土) 自作の床下機器を現地に搬送。雨で現地作業はできず。
テクニカルサポーターさんに自作いただいた床下機器(制御装置箱・断流器箱)を現地に運びました。
2日間ほとんど雨が降っていて車体修理などの作業は出来なかったため、前室にあった工具棚と作業消耗品棚を中室に移設しました。
近所で作業中の「デハ3499号保存会」のメンバーと情報交換などの現地親睦会をしました。

    
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
5月25日(月) 26日(火) 側開き戸の整備と、その周囲の腐食箇所の切り取り、補強などを行いました。
  
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
5月1日(土) 保存敷地の草刈りや清掃、車内の整理などをしました
前日の笛吹作業を終えて、そのまま赤城へ移動しました。
翌朝は車両周囲の草刈や、笛吹から持ち帰った工具などの整理を行ったため修復作業は行いませんでした。
車内に9000形の前面行先などのディスプレイを作りました。指令器を操作して実車のように可動します!さよなら運転時のヘッドマークのレプリカ(試作品)も作ってみました
  
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
4月30日(金) 笛吹の元小田急2211号の前面窓ガラスHゴム修理を行いました。
昨年9月に実施した笛吹の企業が所有する、元小田急2200形2212号の前面ガラスHゴム修理に続き
今回は、2211号の前面ガラスHゴムの取替と、種別表示のHゴムの取替をやらせていただきました。
合わせて、「2211」の前面切抜番号を自作取付しました。
  
----------------------------------------------------------------------------------------------
4月10日(金)~4月11日(土) 床下機器取付、側開き戸修理、側面腰板貼替を行ないました。
作業シーズンオフの間に製作してあった海側(電気側)の小型床下機器の取付を行い、合わせて銘板を取り付けました。
途中だった、谷側(山側)の側開き戸(乗務員室ドア)を取り外して、内側のケレン、下塗りと溶接修理
牛舎側(海側)側開き戸横腰板部の腐食板を切り取り途中だった場所に、鋼板を溶接しました

  
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
3月31日(火)~4月1日(水) パンタグラフ整備と側開き戸取外しを行いました。
寄贈された作業台と糸ノコ盤をガレージに搬入しました。
銚子電鉄様から寄贈された「PS13型」パンタグラフの整備に掛かりました。今年は、仮付けしてあるPT42型パンタと入れ替える予定です。
谷側(小田急時代は山側)の側開き戸(乗務員室扉)周辺の修理のため扉を外しました。
千葉都市モノレール様から譲り受けた主抵抗器を黒色に塗装しました。
   
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
3月10日(火)~11日(水) 現地に床下機器搬送と今シーズンの作業準備

昨年暮れから冬季休止中でしたが、作業開始に向けて車両の状況調査と冬の間掛けてあったシートの取り外しを行いました。
合わせて、メンバーが自宅で製作していた小型の床下機器を現地に運びました。
  

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
11月17日(月)~18日(火) 12月10日(水)~11日(木) 現地作業を行いました
 
4日間で「ゴンドラ懸垂吊り具塗装」「行先表示幕修理」「作業用コンプレッサー(2台)修理と整備」「冬支度シート掛け」などを行いました
現地での作業は、冬季の冷え込みが激しく作業が出来ないため12月中旬から、3月中旬までは作業を休止し冬眠いたします
そのため冬季作業休止中は、屋根にシートを掛けて冬を越します。
   
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
11月10日(月) 小田急趣味界の大先輩来場
  小田急趣味界の大先輩で著名な「生方良雄様」と「戸井眞雄様」にご来場いただき、わたしたちの知らない、貴重なお話をたくさんお聞かせいただきました。
遠いところありがとうございました。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------
11月1日(土)、2日(日)現地作業を行いました
雨天のため搬器整備は出来ず、運転席の整備を進めました。前面の切抜き数字の「千」を加えて、秩父時代の「801」から「1801」に戻りました!
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
10月22日(水)、23日(木)現地作業を行ないました。
1日目は雨のためほとんど作業にはなりませんでしたが青帯が入りました。
  
----------------------------------------------------------------------------------
9月23日(火)、24日(水)に現地作業を行いました。
前面の外板修繕を進めて、アイボリーの下塗りをしてそれらしくなりました。でもまだ凸凹状態です。
床下も山側(現地では谷側)の取り付けがほぼ完了し、前照灯、通過表示灯、方向幕、種別幕も点灯しました

 
------------------------------------------------------------------------------------------
9月18日(木) 山梨県笛吹市の元小田急2200形(→富士急5700形)の前面ガラス修理を実施いたしました

富士急行で引退後、山梨県笛吹市の某企業で再利用されている元小田急2200形2212号の前面窓ガラスのHゴムが劣化しガラス窓が落下しかけていたため、
9/18 にメンバー6名が出向いてHゴムの取替作業をさせていただきました。
大型ガラスを一度取り外しての作業は大変でしたが、前面の2枚のガラスのHゴムを無事に取り替える事が出来ました。
その際、無表示だった「列車種別」と「行先」をレプリカの「急行」「箱根湯本/江ノ島」の表示にさせていただきました。(運板は撮影時のみ取付)
なお、敷地内にある元2211号は非公開ですが、テニスコート脇にある元2212号は柵の外から見る事が可能です。




  

アクセスカウンター アクセスカウンター

2014.5.14 作成